相模原市・東林間の腰痛治療

相模原市東林間 にしかわ整骨院 骨盤・腰痛治療 患者数1番院!

 

相模原市での腰痛治療はおまかせください。

腰痛

腰痛の原因としては、悪い姿勢・老化・運動や労働によるもの・精神的ストレス・事故・内臓の病気 など、腰痛の原因は様々です。

患者様一人一人の症状や体質に合わせた手技療法に加え、テーピング、物理療法などをつかって、無理のない最適な治療を行ないます。

患者様ご自身が『 治したい! 』という気持ちを持ち、しっかりとした知識と技術を持った施術者と一緒になって治療をおこなえば、症状改善につながります。

腰椎椎間板ヘルニアについて

あるアメリカの大学の研究では60歳以上の1/3の人に、椎間板ヘルニアがあったそうです。
これは、坐骨神経痛や腰痛症状を訴える痛みこそないが、椎間板ヘルニアをもつ人が、かなりの確率で存在している事を示していて、誰もが発症する可能性があるということです。
40歳を過ぎると椎間板内の水分が少なくなりやすく、腰を支えている筋肉の衰えや[ 睡眠不足 ]や[ 過労 ]等によって蓄積された疲労が引き金となり、発症する確立が高くなります。

にしかわ整骨院での腰痛治療

整形外科などで「椎間板ヘルニア」や「骨と骨の間が狭い」などと言われた患者様もいると思います。
そのように病院で言われ来院された患者様の約8割以上がヘルニアからの症状ではなく、周辺の筋肉、もしくは骨盤(仙腸関節)のズレなどからの症状でした。
その証明に、あれだけ辛かった痛みは改善し、歩行困難や足へのシビレもなくなり普通の生活を笑顔で送っている患者様が多くいらっしゃいます。

原因の殆どは骨の問題では無く、日常生活のふとした癖や動作が痛みの原因となっていることが圧倒的に多いのです。
特に姿勢歩行と言った本人では改善が難しく気を付けにくい物が問題となっております。
当院では腰痛治療はもちろん歩行姿勢や日常の生活動作の指導もさせて頂いております。


ぎっくり腰(急性腰痛)について

ぎっくり腰とは、重いものを持ったりなどのきっかけで、ある日突然急激に痛みが襲ってくる腰痛のことです。正式な病名を急性腰痛症と言います。

原因としては、筋力低下と筋肉の柔軟性の低下が考えられ、長時間座り続ける生活をする現代人には最も起きやすい腰の症状となっています。




にしかわ整骨院
〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-4-2  TEL:042-705-5089

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM